写楽の自転車ダイエット

第ニ章 自転車通勤ダイエットが流行っているけど?

あくまでも私見ですが、往復20km未満の距離なら食生活を気をつける自信が無い人は「自転車通勤ダイエット」をやらない方がいいです。

たとえ始めたとしても、減量の目標値に達する前にギブアップするか、達したとしても、いつの間にか(諸事情などで自転車に乗れない期間があったとかで)体重が増えていたという状態になる可能性が高いです。走りなれてくると片道10km程度の距離など30分で運動が終わってしまい、体がそれに慣れてしまう事と、食生活が「自転車通勤」を前提としたものになってしまうからです。「自転車通勤を始めたのに体重が減らないよ~」という人は間違いなく、自転車通勤を始める前よりもたくさん食べているはずです。

今まで運動をしていなかった人が、少し気合を入れて運動を始めたらあっという間に5kgくらいは減ります。たぶん、スタート時の体重の10%くらいまでなら、それほど苦労しなくても減らせると思います。問題はそこから先です。

「自転車通勤をサボッたら体重増えたよ」という人は、「“運動をしなくても体重が増えない食事量”を把握できていない」のです。往復1時間程度の自転車通勤では、少し余分に食べるだけでチャラになってしまいます。

短距離ならば健康とエコのための「自転車通勤」と割り切ったほうがいいかもしれません。

【追記】
自分の体を使った検証のためにジテツウを始めました。
→ 『ジテツウも始めました』
さて、BMIが“22”を切った状態でのジテツウの効果はいかに…


写楽の自転車ダイエットのトップページに戻る