写楽の自転車ダイエット

警告が来たので人間ドックの2週間後に再検査

2017年6月27日

今年の人間ドックで指摘された尿酸値に関しては、アジの佃煮の食べ過ぎが原因ですから食べるのをやめるだけです。人間ドックの当日にもらえる検査結果の用紙はあくまでも暫定のもので、2週間後に正式なものが届きました。さてさて今年こそ「全く異常なし」のはず…

さっそく封書を開封すると見たことが無い文面が現れました。見た瞬間「なんじゃこりゃ!」ですよ。


『尿沈渣に異常が認められます。かかりつけ医を受診してください。』

「人間ドックの前日の夜9時以降の飲食は禁止」「当日は早朝に200ccの水だけOK」というのが、人間ドックを受けるときの決まりです。今年は天気が良かったため自転車で向かいましたが、途中で迷子になったこともあって、受付窓口に着いたころには汗だくで、最初の尿の採取では、ちょろっとしか尿が出ません。

「これで尿検査できるんだろうか?」と思ったのでしたが、検査結果からすればなんとなくそれが原因のような。

近くの内科に人間ドックの検査表を持参して、尿検査と血液検査をしてもらったのが先週のこと。本日、再検査の結果を聞くついでに心臓のエコー検査をやってもらいました。


急激に高くなった尿酸値。人間ドック後の2週間でどれだけ変わるのか。


何やらとんでもないことになっている尿検査の数値。調べてみると腎臓に何か障害が起きているらしい。


2年連続で「左室肥大」の判定をくらった私の心臓。

結果はいかに…


尿酸値は7.6→5.9に激減。2週間でここまで変わるとは意外です。

尿検査も全く異常なし。やはり汗だくなるほど自転車で走った後に人間ドックを受けたことが原因でした。

心臓も全く異常なし。こちらは自転車NG期間で人間ドックを受けた年だけは「正常範囲」になっているため、日常的に有酸素運動をしていると人間ドックの簡易検査で引っかかるようです。

今年は人間ドックのオプションで脳のMRIとガン検査も受けましたが、そちらも全く異常なし。

ということで、オールグリーンの身体ですので、思う存分に自転車遊びができそうです。


写楽の自転車ダイエットのトップページに戻る